トロンフォーラム

最新版トロン仕様リアルタイムOS「T-Kernel 2.0」をMIPSプロセッサに移植し一般公開

イマジネーションテクノロジーズ株式会社
トロンフォーラム

オープンソース、オープンデータおよびオープンAPIで、組織や応用に縛られないオープンIoTの実現を目指す、トロンプロジェクトの推進母体であるトロンフォーラム(東京都品川区、会長:坂村 健・東京大学教授)とイマジネーションテクノロジーズ株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:松江 繁樹)は、MIPSプロセッサに最新版リアルタイムOS「T-Kernel 2.0」を移植しオープンソースとして2015年7月にトロンフォーラムの公式webサイトから一般公開します。

トロン仕様のリアルタイムOS「T-Kernel 2.0」は、トロンフォーラムの公式webサイトを通じて、全世界に向けて公開しています。今回新たにMIPSプロセッサに対応することにより、更に多くのユーザがトロン仕様のリアルタイムOSを利用した組込み機器の開発を行うことが可能になります。

イマジネーションテクノロジーズは英国に本社を置き、MIPSのCPUやグラフィックIPを提供しています。今回、全世界で最も使われているトロン仕様のリアルタイムOSに対応することにより、MIPSアーキテクチャの普及をより一層加速させることにいたしました。また、イマジネーションテクノロジーズはトロンフォーラムの趣旨に賛同し、この度、幹事会員として新規に参加することにいたしました。

今回、T-Kernel 2.0の移植対象となるプロセッサは、中国を拠点とするIngenic Semiconductor社のXBurst(MIPS) 1.0 GHzをサポートするM150です。このプロセッサを搭載したHalleyというIoT(Internet of Things)機器向けプラットフォームに移植を行います。このT-Kernel 2.0を搭載したプラットフォームは、トロンフォーラム幹事会員のパーソナルメディア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:松為 彰)から販売を行います。

トロンフォーラム会長である坂村健(東京大学教授/ YRPユビキタス・ネットワーキング研究所長)は次のように述べています。
「T-Kernel 2.0は全世界に対してトロンフォーラムの公式webサイトから公開している、世界で最も使われている最新のリアルタイムOSです。今回、移植したMIPS CPUと共に、今後IoTで利用されるさまざまな組込み機器に多数採用されることを期待しています。」

イマジネーションテクノロジーズ株式会社の代表取締役社長である松江 繁樹は次のように述べています。
「全世界で広く使われ、且つ日本では小さな制御機器から人工衛星はやぶさにまでに使われている、トロン仕様のリアルタイムOSを、この度IoTに適したMIPSプラットフォームに実装することができ、喜んでいます。これを機にトロンフォーラムと一緒になって、MIPSベースのシステムを更に一層増やして参ります。」

【トロンフォーラム】

ユビキタス・コンピューティングの実現を目指して、坂村健(東京大学教授)が提唱する汎用状況識別基盤とリアルタイム組込みシステムの開発効率向上のための標準化を進める国際的なNPOです。トロンフォーラムでは、「オープンソース」、「オープンデータ」、「オープンAPI」で、組織や応用に縛られないオープンなIoTの実現を目指しています。
URL: http://www.tron.org/ja/

【T-Kernel 2.0】

T-Kernelは、組込みシステムにおいて多くの実績を持つトロンをベースとした組込みリアルタイムOSです。トロンフォーラムからオープンソースとして全世界に公開され、世界で最も使われているリアルタイムOSです。T-Kernel 2.0は、T-Kernelの基本コンセプトはそのままに、新しい時代に合わせてバージョンアップした最新のリアルタイムOSです。

【イマジネーションテクノロジーズ】

英国に本社を置く、グローバル・テクノロジー・カンパニーです。SoC (System on Chip)設計に欠かせない主要IP(知的財産)を開発・ライセンスしており、GPU(Graphics)は業界一位、CPUは業界二位です。MIPS社を2013年に買収するなど、ポートフォリオを強化しています。
URL: http://www.imgtec.com/

【Ingenic Semiconductor】

北京のファブレス半導体会社です。MIPSアーキテクチャのXBurstを開発しており、LSI単体だけでなく、ウェアラブル向けのNewtonプラットフォーム、IoT向けのHalleyプラットフォームを展開しています。
URL: http://www.ingenic.cn/en/

【パーソナルメディア】

パーソナルメディア株式会社は、組込み機器のためのオープン開発プラットフォームであるトロンプロジェクトに積極的に参加し、開発から技術サポート、販売から出版まで、幅広い事業を展開しています。具体的には、「PMC T-Kernel」のポーティングやチューニング、組込み向けデバイスドライバ「PMC T-Drivers」の開発や移植や販売などを通じて、T-Kernelを使った多くの組込み機器の開発に携わっており、その実績はお客様に高くご評価いただいております。
URL: http://www.t-engine4u.com/

この発表に関する報道関係からの問い合わせ先

トロンフォーラム事務局(担当: 柏)
TEL: 03-5437-0572
FAX: 03-5437-2399
Email: press@tron.org
URL: http://www.tron.org/ja/


発表資料(PDF)

logo2

Return Top