トロンフォーラム

T-Kernel

T-Kernelは、TRONプロジェクトが開発した組込みシステム向けのリアルタイムOSです。

  • 組込みシステムに広く普及しているμITRONを継承した高性能なリアルタイムOSです。
  • 高機能な32bitプロセッサやMMU(メモリ管理)など最新のハードウェアに対応します。
  • ミドルウェアやデバイスドライバなどのソフトウェア部品を容易に流通できます。

tk2

T-Kernelの特徴
  • 高いリアルタイム性能
    ミリ秒、マイクロ秒の精度でリアルタイム制御を実現します。
  • 豊富な同期・通信機能
    タスクの同期通信機能として、セマフォ、ミューテックス、イベントフラグ、メールボックス、メッセージバッファなど使用目的に応じた様々な同期・通信の機能を提供します。
  • 各種ハンドラの対応
    割込みハンドラや、一定周期で動作する周期ハンドラ、定めた時間で動作するアラームハンドラなど、各種ハンドラの機能を標準でもっています。
  • Extensionによる機能拡張
    ExtensionによりOS機能を拡張できます。フォーラムからは、ファイルシステムやTCP/IPネットワークに対応したT2EX(T-Kernel 2.0 Extension)を提供しています。

07-00

仕様書およびソースコード

T-Kernelの仕様書およびソースコードはトロンフォーラムのホームページからダウンロードできます。

Return Top