トロンフォーラム

トロンフォーラムメールマガジン | 「Open IoT 教育プログラム」TRONWARE VOL.170発売

トロンフォーラムメールマガジン | 「Open IoT 教育プログラム」TRONWARE VOL.170発売

トロンフォーラムが毎月お送りするメールマガジンの2018年4月号をお送りします。

「Open IoT 教育プログラム」TRONWARE VOL.170発売

TRON&IoT技術情報マガジンのTRONWAREは、最新号となるVOL.170を4月16日に発売いたします。

本号の特集は「Open IoT 教育プログラム」です。坂村健トロンフォーラム会長が学部長を務めるINIAD(東洋大学情報連携学部)は、文部科学省が実施する社会人ITエンジニアの再教育プロジェクト「enPiT-Pro」に「Open IoT 教育」というプログラムを提案し、採択されました。このINIADをはじめとする連携5大学(東京大学、名古屋大学、横浜国立大学、名城大学)は、オンライン講義と各大学キャンパスでの集中演習・実習を提供します。初年度にあたる2018年度は、7月から6か月にわたって開講されます。本特集では、開講に先立って開催された「Open IoT 教育シンポジウム」の模様をお届けします。また、プログラム参加校が講師を務めて実施された体験セミナーを再現した誌上セミナーを掲載します。

このほか、RFモジュールを一体化してローコスト化を図った「RF IoT-Engine」の解説記事や、六本木の国立新美術館とその周辺で行われた、おもてなし実証実験のモニター参加レポート、UCTクラウドを用いるなどTRONの技術が満載のスマートビルソリューションの解説記事を掲載しています。さらにトロンフォーラムが公開しているT-Kernel 2.0を中心にミドルウェアやボード、サポート、パッケージをまとめた日立超LSIシステムズの「OpenTK」の新たなプロセッサへの対応などを解説した記事や、ET2017で行ったリアルタイムOSの利用動向に関するアンケート調査結果の概要を報告する記事を掲載しています。

また、uID関連の記事としては、海外初進出となった台湾でのココシル「ココシル花蓮」の記事を掲載しています。台湾東部の観光地である花蓮の散策のお供に、ココシル花蓮を是非ご利用ください。

TRONWARE VOL.170の詳細は以下をご参照ください。
https://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/314.html

トロンフォーラムがJapan IT Week 春 2018 第21回組込みシステム開発技術展に出展
5月10日(木)には坂村会長が特別講演「IoS(Internet of Services)― 連携経済社会へ」に登壇

トロンフォーラムは2018年5月9日(水)-11日(金)に東京ビッグサイトで開催されるJapan IT Week 春 2018の第21回組込みシステム開発技術展(略称:ESEC2018、主催:リード エグジビション ジャパン株式会社)に協賛し、出展いたします。 ブース位置は、西3・4ホールの西11-54です。 
また、坂村会長が5月10日(木)15時から「IoS(Internet of Services) - 連携経済社会へ」と題して特別講演を行います。ESEC2018の入場には招待券または以下のwebサイトで事前登録が必要です。また、坂村会長特別講演は無料で受講いただけますが、事前登録が必要です。皆様のご来場をお待ち申し上げます。

Japan IT Week 春 2018 第21回組込みシステム開発技術展(ESEC2018) 展示会招待券お申込み
http://www.esec.jp/

坂村会長特別講演「IoS(Internet of Services) - 連携経済社会へ」
http://www.esec.jp/Technical-Conference/seminar_home/#ES-S1

esec18

RTOSアンケートで「TRON OS」が22年連続トップ -IoT関連機器の搭載OSでも連続でトップ-

トロンフォーラムは「2017年度組込みシステムにおけるリアルタイムOSの利用動向に関するアンケート調査報告書」を会員専用ページで公開しました。このアンケートは2017年11月15日(水)-17日(金)にパシフィコ横浜で開催されたEmbedded Technology 2017(主催:一般社団法人組込みシステム技術協会)の会場付近において、組込み技術者を対象に行ったものです。

その結果、「システムに組み込んだOSのAPI」において、ITRON仕様APIとT-Kernel仕様API(μT-Kernel仕様API等を含む)の合計で約60%となりました。これにより、TRON系OSはアンケート開始以来、22年連続でトップとなりました。また、昨年に続き、アプリケーション分野別の組込みOSのAPIにおいて、IoT関連機器ではTRON系OSが最も多い結果となりました。

詳細につきましては、トロンフォーラムの組込み関係の会員専用ページでご覧いただけます。また、それ以外の会員の方や一般の法人の方は、トロンフォーラム幹事会員のパーソナルメディア社ウェブショップでお求めいただくことができます。

「2017年度組込みシステムにおけるリアルタイムOSの利用動向に関するアンケート調査報告書」に関するプレスリリース
http://www.tron.org/ja/2018/04/press20180403/

01

5月15日(火)-16日(水)にトロンフォーラム組込みセミナー「【座学】T-Kernel/ITRON入門」を開催

主催

トロンフォーラム
文部科学省「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」
enPiT-Pro「ICT ベースの社会形成のための文理融合の ICT 教育」

日時2018年5月15日(火)-16日(水) 13:00-17:00(受付開始12:30~)
場所

東京大学本郷キャンパス ダイワユビキタス学術研究館
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

丸ノ内線、大江戸線「本郷三丁目駅」各徒歩約5分。春日通り沿いに、本郷消防署や本富士警察署の方向に向かっていただき、本郷消防署のすぐ手前にある「春日門」からすぐです。
赤門や正門側から東大構内に入っていただきますと、だいぶ遠回りになりますので、ご注意ください。

内容

組込みシステムやリアルタイムOSの概要から「ITRON」の基本機能、さらに「ITRON」の後継で大規模プログラミングに対応した「T-Kernel」や「T-Kernel 2.0」、小規模システム向けの「μT-Kernel」、マル チプロセッサ向けの「MP T-Kernel」まで、組込みシステムの基本からリアルタイムOSでトップシェアを誇るトロンOSの最新版までを、3つの講座に分けて解説します。ご興味のある講座だけの受講も可能です。

実習講座の受講を希望されている方は、ぜひ本講座を受講してください。

プログラム
1日目
講座1
13:00~15:00

組込みリアルタイムシステム入門
「リアルタイムシステムとリアルタイムOSの概要」
予定講師 東京大学 教授 越塚 登

15:10~16:40ITRON入門
「μITRON4.0の基本機能の解説」
予定講師 伯東株式会社 井上 佳洋
16:40~17:00質疑応答
2日目
講座2
13:00~14:30T-Kernel入門
「大規模プログラミングに対応したT-Kernelの基本機能や最新のT-Kernel2.0の概要」
予定講師 パーソナルメディア株式会社 松為 彰
14:40~15:40μT-Kernel入門
「小規模システム向けμT-Kernelの概要」
予定講師:株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ 飯田 康志
講座3
15:50~16:50MP T-Kernel入門
「マルチプロセッサ向けMP Kernelの概要」
予定講師 株式会社日立超LSIシステムズ 豊山 祐一
16:50~17:00質疑応答
対象
  • 新人、新規加入会員の方など
  • 組込みシステムの開発に携わっていらっしゃる方、または、今後、携わりたいと考えていらっしゃる方など
  • 組込みリアルタイムOSに興味をお持ちの方など
  • RTOSの概略は理解しているが、μT-Kernel やT-Kernel は使ったことがない方など
参加費用

幹事会員・賛助会員・A会員1社3名、i会員・B会員1社2名、学術1団体1名まで無料。
e会員、O会員、リエゾン会員、個人会員の方および上記の会員が追加で参加する場合はお1人様:3,000円(税込)、
学術会員の学生は1,000円(税込)。
非会員の方 お1人様:5,000円(税込)。

なお、【講座1】から【講座3】のいずれの講座をいくつ受講していただいても参加費用は同一です。
(なお、会員の方が無料参加枠を超えて有料で参加する場合や、非会員の方が有料で参加する場合は、受講日の1週間前までにお申し込みください。折り返し、請求書を発行いたします。ご入金確認後、正式なご受講となります。)

申込締切5月14日(月)
ご注意

定員は20名です。
ただし、定員に達したときは、申込期間内でも受付を締め切ることがあります。
また、本講習会の内容、実施時間、講師等は予告なく変更する場合があります。
あらかじめご了承ください。

備考
  • 本講習会では実習は行いません。
  • 受講される方は、OSの基本的な知識とC言語の知識を有していることが望まれ
    ます
  • C言語自体の解説は行いません。

なお、本セミナーではお食事やお飲み物の準備はしておりません。
必要に応じて、各自ご用意ください。

申込方法

参加ご希望の方は、以下の項目をご記入の上、office@tron.org宛てにご返信ください。メールのタイトルを「5月15日-16日【座学】T-Kernel/ITRON入門」としてお送りください。
講座名は受講されない講座を削除してお申込みください。

=====================================================
講座名:【講座1】【講座2】【講座3】
貴社名:
参加者名:
Email:
会員種別: 
=====================================================
※複数の参加者を一度に申し込まれる場合は、上記を人数分コピーしてご記入ください。

logo-header

5月17日(木)及び18日(金)にパーソナルメディアがT-Kernelセミナーを開催

トロンフォーラム幹事会員のパーソナルメディアでは、T-Kernelを使った開発について、より詳しく学びたい方を対象に、有料の実習セミナーを実施しています。5月17日(木)に実施する「T-Kernel導入実習セミナー」では、T-Kernelの基礎から、ソフトウェア部品の組合せ、メモリモデル、デバッグ手法などを説明したうえで、プロセスベースおよびT-Kernelベースのソフト開発からデバッグまでの流れをご体験いただきます。

5月18日(金)に実施する「ドライバ開発実習セミナー」では、T-Kernelのデバイスドライバの開発を担当されるT-Kernel経験者を対象に、ドライバの内部構造およびインタフェースなどを説明します。また実習を通じて、ドライバの開発の流れを一通りご体験いただきます。各セミナーの詳細につきましては、以下の公式webサイトをご参照ください。

パーソナルメディア セミナー紹介ページ
http://www.t-engine4u.com/seminar/index.html

pmc

イーソルのTRONベースプラットフォームが、 ルネサス社の産業用ネットワークプロセッサ「RZ/N シリーズ」をサポート

 トロンフォーラム幹事会員のイーソルは、同社製リアルタイムOS「eT-Kernel」をコアとするソフトウェアプラットフォームが、同じくトロンフォーラム幹事会員のルネサス エレクトロニクス社の産業用ネットワークプロセッサ「RZ/Nシリーズ」をサポートしたことを発表しました。eT-Kernelをコアとするソフトウェアプラットフォームを利用することで、RZ/Nシリーズを使った様々な産業ネットワーク機器の開発において、ソフトウェア資産を再利用した低コスト・短期間でのシステム開発と、高いリアルタイム性と信頼性の確保が容易になるとのことです。詳細につきましては、以下をご参照ください。

イーソル
https://www.esol.co.jp/news/news_290.html

esol

イーソルの機能安全対応リアルタイムOSが、デンソー製小型ステレオ画像センサーに採用

トロンフォーラム幹事会員のイーソルは、同社製機能安全対応マルチコアプロセッサ向けリアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」をコアとするソフトウェアプラットフォームが、同じくトロンフォーラムB会員のデンソー製小型ステレオ画像センサーに採用されさたことを発表しました。このデンソー製小型ステレオ画像センサーは、前方の車両や歩行者、車線などをカメラで識別するために設置する軽自動車向けセンサーです。eT-Kernelは、機能安全規格ISO 26262(自動車)のプロダクト認証を受けており、イーソルではユーザ向けセーフティ関連ドキュメントパッケージ「eT-Kernel Safety Package」をデンソーへ提供した、とのことです。詳細につきましては、以下をご参照ください。

イーソル
https://www.esol.co.jp/news/news_291.html

esol

T-Kernel/ITRONの採用事例募集中

トロンフォーラムでは、T-KernelやITRONの採用事例を募集中です。T-KernelやITRONを採用された事例をご紹介いただける場合は、入力フォームにご記入ください。T-KernelやITRONは、航空宇宙分野から産業機器、カーナビ、多機能プリンタ、電子楽器、デジタルカメラなど、さまざまな分野で多くの採用事例があります。

お送りいただいた採用事例は、トロンフォーラムのwebサイトやメールマガジンでご紹介させていただいたり、坂村会長の講演やTRONプロジェクトの技術情報誌「TRONWARE」などでご紹介させていただいたり、トロンフォーラムが主催または共催、協賛するイベント等でご紹介させていただく予定です。

是非、この機会に採用事例をご紹介ください。詳しくは以下のページにある入力フォームをご参照ください。
http://www.tron.org/ja/tron-project/provide-the-use-case/

0200

Return Top