トロンフォーラム

トロンフォーラムメールマガジン |「2016 TRON Symposium ─IoT 動く─」 TRONWARE VOL.163発売

トロンフォーラムメールマガジン |「2016 TRON Symposium ─IoT 動く─」 TRONWARE VOL.163発売

トロンフォーラムが毎月お送りするメールマガジンの2017年2月号をお送りします。

 「2016 TRON Symposium ─IoT 動く─」 TRONWARE VOL.163発売

TRON & IoT技術情報マガジンのTRONWAREは、最新号となるVOL.163を2月15日に発売いたします。本号の特集は「2016 TRON Symposium ─IoT 動く─」です。2016年12月14日(水)-16日(金)、東京ミッドタウンホール(東京・六本木)で、米国IEEE Consumer Electronics Societyとの技術協賛のもとで行われた2016 TRON Symposium (TRONSHOW2016)について、詳しくご紹介します。

TRONSHOW2016は「IoT動く」をテーマに開催されました。TRONWARE VOL.163では、オープニングセッションに続いて行われた、坂村会長による基調講演「IoT 動く─2016年のTRONプロジェクトと今後の展望─」をはじめ、「特別セッション:2020年に向けた社会全体のICT化推進:Part 2」や「特別セッション:IoT-EngineとIoT-Aggregator」など、TRONSHOW2016で行われたすべてのセッションをご紹介しています。さらに坂村会長が推進している「アグリゲートコンピューティング」のエッジノード側の開発環境であるIoT-Engineの実物をはじめ、T-KernelやITRON、ucodeの応用事例を多数展示したTRONSHOW2016の展示会場の様子もレポートしています。さらに、TRONSHOW2016に続いて、アテネパラリンピックの銅メダリストである杉内周作氏をお迎えして行われたTRONイネーブルウェアシンポジウム TEPS 29th「おもてなしとイネーブルウェア」についてもレポートしています。

この他、「RICOH THETA × IoT デベロッパーズコンテスト2016 結果発表・表彰式」の模様のレポートや、イプシロンロケット2号機によって打ち上げられた、T-Kernel 2.0 AeroSpaceを搭載したジオスペース探査衛星「あらせ」に関する記事を収録しました。また、ワンランク上のT-Kernelプログラミングは第12回「リアルタイムOSなのに時間が守れない?」です。

TRONWARE VOL.163の詳細は以下をご参照ください。
http://www.personal-media.co.jp/book/tw/tw_index/307.html

2月22日(水)にユーシーテクノロジが東芝コラボセミナー2017でIoT-Engineを紹介

トロンフォーラムA会員のユーシーテクノロジ株式会社は、2月22日(水)にラゾーナ川崎プラザソルで開催されるARM(R)コア搭載 東芝汎用マイコンコラボセミナー2017で、「オープンIoTを実現するIoT-Engine」と題してIoT-Engineの紹介をします。受講料は無料ですが、事前登録が必要です。詳細は以下の公式webサイトをご参照ください。

ARM(R) コア搭載 東芝汎用マイコン コラボセミナー 2017
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/design-support/exhibition/m-collabo17.html

 logo

2月24日(金)に日立超LSIシステムズとルネサスエレクトロニクスが「マルチコア向けマルチOS(T-Kernel×Linux)セミナー」を無料で開催

トロンフォーラム幹事会員の日立超LSIシステムズとルネサスエレクトロニクスは、2月24日(金)の午後に「マルチコア向けマルチOS(T-Kernel×Linux)セミナー」を、ルネサス エレクトロニクスの豊洲会場 (豊洲フォレシア)で、共同開催します。本セミナーでは、マルチコア・プロセッサでリアルタイムOSと汎用OSの協調動作を実現したテクノロジーである「リアルタイム・オーガナイザ」をご紹介いたします。このリアルタイム・オーガナイザを用いることにより、T-KernelとLinuxをひとつの組込みシステムで同時に利用することができます。本セミナーでは、T-Kernel 2.0の概要、リアルタイム・オーガナイザの概要、ソフト開発(実演含む)を解説します。参加料は無料ですが、以下の公式webサイトで、事前登録が必要です。

ルネサス エレクトロニクス株式会社 半導体セミナー
https://www.renesas.com/ja-jp/support/training/seminar/individual/products-seminar/20170224.html

3月16日(木)及び17日(金)にパーソナルメディアがT-Kernelセミナーを開催

トロンフォーラム幹事会員のパーソナルメディアでは、T-Kernelを使った開発について、より詳しく学びたい方を対象に、有料の実習セミナーを実施しています。3月16日(木)に実施する「T-Kernel導入実習セミナー」では、T-Kernelの基礎から、ソフトウェア部品の組合せ、メモリモデル、デバッグ手法などを説明したうえで、プロセスベースおよびT-Kernelベースのソフト開発からデバッグまでの流れをご体験いただきます。また、3月17日(金)に実施する「ドライバ開発実習セミナー」では、T-Kernelのデバイスドライバの開発を担当されるT-Kernel経験者を対象に、ドライバの内部構造およびインタフェースなどを説明します。また実習を通じて、ドライバの開発の流れを一通りご体験いただきます。各セミナーの詳細につきましては、以下の公式webサイトをご参照ください。

 パーソナルメディア セミナー紹介ページ
http://www.t-engine4u.com/seminar/index.html

pmc

 「葛飾区総合アプリ」にユーシーテクノロジが技術協力

トロンフォーラムA会員のユーシーテクノロジ株式会社では、東京都葛飾区が配信するスマートフォン向けアプリ「葛飾区総合アプリ」に、ユーシーテクノロジが販売する、まち歩き・観光アプリ「ココシル」のプラットフォームを提供して、技術協力を行いました。この「葛飾区総合アプリ」では、葛飾区民や葛飾区への来訪者、外国人観光客向けに行政情報を集約して配信します。葛飾区内の観光ルートやスポットを案内する機能や、ゴミの分別をゲームで学べる機能を提供するほか、妊娠・子育てに関する葛飾区の助成制度や取組を紹介します。さらに、予防接種スケジュールを自動作成するなど、子育て中の方に便利な「電子母子手帳機能」も提供します。通信費は利用者にご負担いただきますが、葛飾区総合アプリは葛飾区民に限らず、どなたでも無料でご利用いただけます。iOS端末はApp Storeから、また、Android端末はGoogle Playから「ココシル」をダウンロードして、ココシルセレクトの画面から葛飾区総合アプリを選択してください。葛飾区総合アプリの詳細は、葛飾区の公式webサイトをご確認ください。

葛飾区公式webサイト
http://www.city.katsushika.lg.jp/index.html

 01

T-Kernel/ITRONの採用事例募集中

トロンフォーラムでは、T-KernelやITRONの採用事例を募集中です。T-KernelやITRONを採用された事例をご紹介いただける場合は、入力フォームにご記入ください。T-KernelやITRONは、航空宇宙分野から産業機器、カーナビ、多機能プリンタ、電子楽器、デジタルカメラなど、さまざまな分野で多くの採用事例があります。

お送りいただいた採用事例は、トロンフォーラムのwebサイトやメールマガジンでご紹介させていただいたり、坂村会長の講演やTRONプロジェクトの技術情報誌「TRONWARE」などでご紹介させていただいたり、トロンフォーラムが主催または共催、協賛するイベント等でご紹介させていただく予定です。

是非、この機会に採用事例をご紹介ください。詳しくは以下のページにある入力フォームをご参照ください。
http://www.tron.org/ja/tron-project/provide-the-use-case/

 0200

Return Top